水虫になってしまう原因

水虫の足裏

水虫は、白癬菌と呼ばれるカビの一種が角質層に付着し、寄生することで発症する病気のことを指します。
白癬菌の多くは、足に感染することが多いとされていますが、手や身体にも感染します。
しかし、足に感染することが多いのは、靴を履くことで蒸れてしまったり、高温多湿という菌が生息しやすい環境になりやすいためです。
一日中、靴を履いて過ごす男性に発症しやすいとされていましたが、近年では女性であっても一日中靴を履いて仕事をしていることが多いため、男女関係なく水虫になる人が増加していると言われています。
ただ、水虫は、人から人へと感染するためにどんな環境であっても気を付けなければなりません。
その一方で水虫は、毎日入浴しており、身体を清潔にしていれば感染を予防できるともされています。
出来るだけ足を清潔にし、ケアをしておき、予防することが最も重要です。
水虫には様々な種類があり、症状もそれによって異なります。
市販されている薬で治ることもありますが、長期間使用しても治らなかった場合には、病院などできちんと診察してもらうようにしましょう。
水虫でよく使用される薬のひとつに、イトリゾールがあります。
このイトリゾールの特徴は、真菌の増殖をおさえる効果があります。
市販薬では治しにくいとされている難治性の水虫に特に効果があり、作用が強いとされています。
ただ、このイトリゾールは作用が強い分、副作用が発症することもあるので注意が必要です。
また、妊婦などは服用出来ず、ほかにも高齢者や小児なども服用に制限が設けられている場合が多いです。
イトリゾールを利用する際には、きちんと医師の指示や指導を受けてから服用することが水虫治療をする際には、もっとも重要なことだと言えます。