• ホーム
  • イトリゾールが水虫に効果的なわけ

イトリゾールが水虫に効果的なわけ

水虫の足裏にクリームを塗る女性

水虫というのは、白癬菌というカビの一種が、皮膚の角質層に寄生して起こる皮膚の病気のことをいいます。
そのほとんどが靴や靴下で蒸れやすい足に発生しますが、まれにその他の部位に発生することもあります。
水虫は塗り薬や飲み薬によって治療することができます。
その薬の一つとして挙げられるのがイトリゾールです。

イトリゾールというのは、カビの一種である真菌の増殖を抑えるトリアゾール系抗真菌剤です。
イトラコナゾールとも呼ばれ、主に飲み薬として使用されます。
塗り薬を使用しても治らない難治性の水虫の場合に使用されることが多く、内服して身体の中から真菌を殺菌することで、水虫を完治させます。
イトリゾールが治療に使用されるようになってから、水虫の完治率が飛躍的に向上したと言われています。

イトリゾールの服用によって治療を行う場合には、パルス療法といものが行われます。
これは一度服用したら薬の効果が持続するというイトリゾールの特徴を活かしたもので、1週間集中的に大量のイトリゾールを服用し、その後3週間は服用しないというサイクルを数回繰り返すという方法です。
これにより、薬の効果をより発揮することができ、さらに服用回数が減ったり、服用期間が短くなるため、副作用のリスクを減らすことができるともいわれています。

比較的副作用が少ないといわれているこの薬ですが、全くないわけではありません。
人によっては副作用が出る場合があり、その副作用としては、胃の不快感や吐き気、嘔吐、腹痛、下痢などが挙げられます。
また、パルス療法により大量にイトリゾールを服用している時には肝臓に大きな負担がかかっており、ひどい場合には肝機能障害を起こす可能性もあります。
そのため、服用中には体調の変化に注意し、定期的な検査を受けることが大切です。